祈る女性と華

葬儀の変化

葬儀というものは死後一日置き、告別式を開いて火葬ということが通常です。しかし最近では社会情勢も変化しつつあるので、直葬で葬儀を済ませる人も増えてきています。家族だけで親密な葬儀ができます。

詳細を読む

New Posts

身内だけで行なう

遠くに住んでいる場合、告別式などに出席が間に合わないこともあります。そんな時でも家族葬を行なえば、故人をゆっくり悼む時間を持つことができます。相場は安いものから高いものまであります。

詳細を読む

基本的な費用

人が生活をするときにはお金がかかります。これは死後でも同じことです。しっかりと葬儀の費用を確認しておき、安心して取り組めるような準備をしていると、もしものときにも慌てずに対応できます。

詳細を読む

終活のブーム

最後まで丁寧に対応してもらえる遺品整理業者ならこちらです。日本全国どこでも駆けつけてくれますよ。

最後のお別れのお手伝いを行なってくれます。宮前区で葬儀をするならこちらにお任せしましょう。丁寧な対応で受け答えしてくれますよ。

シンプルな最後を求めて

終活という言葉が出てくるなど、昨今最後のあり方について考えることがブームとなっています。そんな中、注目が集まっているのが家族だけで行う葬儀の家族葬。そしてそれとともに増加傾向にあるのが直葬です。直葬は通夜や告別式を行わずに直接火葬場で火葬することで、家族葬よりもシンプルです。時代の流れとともに葬儀に関する考え方が変化してきており、かつて行われていたような一般的な葬儀を行うことに意味を見出せず、費用も安く済むという合理性などが、直葬が選ばれている大きな理由のようです。すでに関東では五件に一件は直葬となっているようで、その注目度は増すばかりです。このような時代の背景とともに、直送は今後も増加し続けることが予想されています。

直葬を選択するならば

最後の場面として、直葬は合理的かつとてもシンプルなので、人気が出ています。しかし葬儀を行わないというこの選択肢は、あくまで周囲の理解があってこそ、行われるべき事柄です。なぜなら葬儀は故人のためだけではなく、残された者のための儀式でもあるからです。それゆえに直葬を選択するのならば、いくつかの注意が必要となります。まずは残された家族だけでなく、親戚や知人などの理解を得て行うようにしましょう。またお寺にお墓を持っている場合、宗教儀式である葬儀をしないというのは、後でトラブルになることも考えられます。もしお寺にお墓がある場合は、事前にお寺と相談しておきましょう。他にも火葬場では死後24時間以内には火葬を行わないため、ご遺体を安置する場所も必要となります。これらを考慮したうえで、直葬を選択するようにしましょう。

遺品整理を名古屋でお任せする事になった際にはこちらの業者がオススメです。実績豊富なので安心ですね。

堺市で家族葬を行うならこちらの葬儀会社にお問い合わせください。温かみのある葬儀をあげられますよ。

Copyright© 2015 終わりの生活について考えることは現代的取り組みであるAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com