葬儀の変化

直葬にすることのメリット

最近では葬儀に対する考え方がかなり変わっています。以前は、亡くなられた方の冥福を祈って盛大に葬儀を執り行うのが一般的でした。亡くなった日に通夜を行い、翌日には葬儀をして火葬するというのが通常の流れです。今でも、このような流れで葬儀が進んでいくことが多いですが、かなり簡素化されるようになりました。家族葬のように、近親者のみで通夜や葬儀を行うことが増えたのもそうですし、場合によっては、通夜や葬儀さえも行わず、直接火葬場に行く、直葬を行う人もいます。直葬を選ぶ理由として、もっとも多いのは、費用をかけたくないというものです。通夜や葬儀を行えば、それなりに費用もかかりますし、お経をあげてもらえば数十万円のお布施が必要になるからです。

最近の葬儀のトレンド

私も最近葬儀を行いましたが、家族葬で小さなものでした。最近の斎場には、一般的な大きな会場とは別に、小さな会場があることが多いようで、私も小さな会場で葬儀を行いました。働き盛りの人が亡くなったのであればまだしも、退職して社交の場から離れて久しい人は、参列する人も多くはありませんから、広い会場であっても、ガラガラになってしまいます。最近では、核家族化などの影響で、参列者が少ない傾向にありますので、葬儀を簡略化する傾向にあるのです。直葬で行ったという話はあまり聞きませんが、完全に家族だけの葬儀にするなら、直葬であっても十分です。ただ、故人にとっても、重要なことですから、葬儀に際して、どの程度簡略化するかは生前に話しておくことが大切です。

Copyright© 2015 終わりの生活について考えることは現代的取り組みであるAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com