基本的な費用

基本費用の平均的な相場

葬儀費用は葬儀の「基本費用」が基準となります。これに接待費やお布施代などの実費負担分が加算されたトータルの費用が葬儀費用になります。 全国的なデータを見てみると、平均的に200万円くらいかけて葬式を行っているようです。一番安い基本費用だと20万円で火葬式などの火葬だけを行うプランです。個人葬で一番高いのが一般葬で基本費用だけでも100万円以上します。また、社葬などの団体葬は200万円以上の基本費用がかかります。 基本費用の内訳に含まれているサービスは葬儀会社によって異なるので、見積もりをもらうときは明細を細かくチェックすることが大切です。必要なサービスが入っていない場合は実費で負担する必要があります。

お葬式をしてくれる葬儀会社

お葬式をするときに依頼するのが葬儀会社です。葬儀会社に依頼すれば、通夜から告別式まで、そして初七日法要などもすべて取り仕切ってくれます。 葬儀会社のサービスには、斎場の手配、死亡届や火葬場使用手続きなどの市役所関係の手続き、寝台車によるお迎えや出棺、セレモニースタッフによる葬儀や告別式の会場案内、司会進行、喪服レンタルなどがあります。また、通夜ぶるまいなどの料理の手配もオプションで選べばしてくれます。 どんな葬儀会社でも24時間365日電話で依頼や相談、見積もりなどを受け付けています。また、ホームページから無料相談やパンフレット請求ができる葬儀会社もあります。いざという時に備えてパンフレットを取り寄せておくと便利です。

Copyright© 2015 終わりの生活について考えることは現代的取り組みであるAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com